1. HOME
  2. 事業案内
  3. 36協定

SERVICE

事業案内

36協定

36協定の届出をしていない企業様での
「時間外労働」「休日労働」は違法です!!

36協定とは

労働基準法36条に基づく労使協定であり、会社が法定労働時間(1日8時間・1週間で40時間)を超えて労働(残業)を命じる場合に必要となります。
法定外労働時間を行うことを労働基準監督署に許可を得る行為とも言えます。
36協定の届出をせずに、「時間外労働」「休日労働」をさせた場合…

6か月以下の懲役、又は30万円以下の罰金となります。
1時間でも1分でもNGです!!
36協定を届出し、きちんと労働基準監督署に届出を行うことによって、従業員との労働トラブルの防止にも繋がります。

36協定の有効期間は1年間

36協定は「1回提出をしたら終わり」ではございません。
36協定の有効期間は1年間と決まっており、毎年の更新が必要となります。
有効期間が過ぎているのにも関わらず、「時間外労働」「休日労働」をさせていた場合は
これもまた労働基準法違法となります。

こんなお悩みはございませんか?

  • そもそも36協定がどんなものなのかいまいちよくわかっていない
  • 36協定の書き方、出し方がわからない
  • 毎年更新しなければいけないのが、面倒・忘れがち

Cmd社会保険労務士法人のサポート内容

  • 36協定について、企業様が納得のいくまで徹底的にご説明をいたします
  • 企業様の実態を事前にヒアリングし、36協定の作成を行います
  • 36協定の有効期間を管理し、有効期間が切れる事前にご案内・現状のヒアリング・継続申請まで行います