助成金

Subsidy

各種助成金の案内

厚生労働省の雇用に関する助成金は、制度やコースで見ていくと、国の施策により毎年さまざまなものがあります。
毎年、取り組みやすく、企業経営にメリットのある助成金をご案内しています。

キャリアアップ助成金【正社員化コース】

入社3年未満の非正規社員を、入社6ヶ月以上経過後に、5%以上昇給させ、正社員登用したり無期雇用へ転換すると、助成金を受け取ることができます。

時間外労働等改善助成金【勤務間インターバル導入コース】

就業から次の始業までの時間を9時間~11時間設ける制度【勤務間インターバル制度】を導入し、そのための費用を支出した場合に受け取ることができます。

人材開発支援助成金【訓練コース】

20時間(場合により10時間)以上の外部研修を受講させる場合に、受講費用等が助成される助成金です。研修内容は各スタッフの仕事内容に直結しているものが対象になります。

人材確保支援等助成金【働き方改革コース】

働き方改革に取り組む上で、人材を確保することが必要な中小企業が、新たに労働者を雇い入れ、一定の雇用管理改善を図る場合や、一定の要件を満たす場合、採用1人あたりで、助成金を受け取る事が出来ます。

両立支援等助成金【出生時両立支援コース(イクメン助成金)】

男性社員の配偶者が出産する際に、事前準備の上産後8週間以内に所定の休日を含   めて、連続5日の休暇を取得させる取り組みをすることにより、助成金を受け取ることが出来ます。

両立支援等助成金【育児休業等支援コース】

   女性社員が出産により育児休業を取得する際の助成金です。育児復帰支援プランを作成し、プランに沿って3か月以上の育児休業を取得させた後、現場復帰をさせる取り組みをすることで助成金を受け取ることができます。